ラバーペイント

この記事では、ラバー ペイントというキーワードに焦点を当てます。ゴムでできたものに絵を描いたことがありますか。数日のうちに、それが剥がれましたか?というか、どう考えても塗料をゴムに密着させることができなかったのかもしれません。使用する塗料、戦略、およびゴムの種類は、長距離の結果に大きく影響します。

ラバーペイント

Rubber paint

ゴム製のものにペイントするためにエネルギーとお金を投資すると仮定すると、それが見栄えがするだけでなく、かなり長く使い続けることができるようにする必要があります。この記事では、プロジェクトの内外を問わず、ゴムを塗装する正しい方法を紹介します。ゴムの表面を準備する方法、最高の塗料、それを保護してより頑丈にする方法について説明します.

ゴムの種類

一般的ではありませんが、ラバーは塗装相当に作られています。多くの人が庭を美しくするためにゴム製のタイヤをペイントしたり、散発的にゴム製の土砂降りのブーツの写真を見たりします.ゴムは硬くてデリケートな場合があり、ゴムが成形可能であるほど、塗装の層を維持するのが面倒になります.

たとえば、ゴム製のスイム キャップに美しい装飾をどうにかペイントできたとしても、帽子の順応性のためにペイントが壊れないようにするのは難しいでしょう。しかし、ねじれない硬いゴムのハンドルをどうにかして塗装すれば、まだ塗料は死にません。使用に伴い剥がれたり剥がれたりする場合があります。

ゴム上で見事に機能する塗料の種類

取り外し可能なゴム製カバー: このカバーはシャワー缶に入って届き、剥がす準備が整うまで、見事に機能します。 100%そのままでいたいと確信していないものを描くのは、適切な選択です。このスプラッシュは、最初に試してみるチャンスです。排除する準備ができたら、それを引き抜きます。

アクリル絵の具: この絵の具は、走行距離がそれほど多くない屋内事業に適しています。下塗りを乾燥させた後、下塗りを行います。その時点で、乾いたらペイントシーラーを塗ります。

外側のペンキ: 最初に下塗りをしてから、シャワーまたはブラシを使って外側のペンキを塗ります。この種の塗料はより固く、外部コンポーネントに対処できます。

商用グレードの船舶用塗料: これは重要な作業用です。たとえば、水にさらされるボートやプールのゴム部分に塗装します。最も頑丈で、チッピング、破損、ブレに耐えます。

ラバー塗装プロセス (5 つの迅速かつ簡単なステップ)

  • 表面をきれいにします。塗装する必要がある物品が汚れていると仮定すると、それに固執するものは何もないので、どのようなシステムを実行しても意味がありません。したがって、クレンザーと水で表面をよく洗浄し、すべてのクリーナーを完全に洗い流して、堆積物が放棄されないようにします.絵の具は同じように濡れた表面には付着しないため、乾燥させてください。
  • 塗装する表面に合わせて塗料を選ぶ
  • 商品が屋外にあることを前提に予備申請を行います。イニシャルを十分に乾かします。

Rubber paint

  • 間違いなくペンキを塗ってください。適切に含めるには 2 回塗りが必要ですが、取り外し可能なラバー カバーを使用する場合は、2 回塗りする必要はありません。
  • 塗料が乾いたら、塗料シーラーを塗ります。容器のガイドラインを熟読して、アイテムが乾くまでにかかる時間を疑うことなく知る.いくつかのことは、表面的なレベルでは無味乾燥に見えるかもしれません。ただし、可能な限り乾燥させていない場合は、いずれにせよ、すぐに壊れたり剥がれたりする可能性があります.

ヒントと考察

  • シャワー ジャーは、ブラシで絵を描くよりも均一なコートを提供します。
  • 取り外し可能なラバー カバーは、ゴム製品の割れ目、穴、小さな隙間を埋めるのに最適です。
  • メーカーの見出しに従って、すべてのアイテムを安全に使用してください。
  • 時々、デリケートなヤスリがけで表面を台無しにすると、塗料がゴムの表面に付着しやすくなります。
  • いくつかの塗料には、事前に統合された予備の塗料が含まれているため、一度に塗装と下塗りを行うことができます.

結論

どんな種類のラバーにペイントしようとしているのかを少し整理して理解することは、どのペイントを使用するのが素晴らしいかを理解するのに役立ちます.色に水しぶきをかけると、ゴムのオーバーブラッシングや色の上での動きが優先されます。表面をきれいにして、コートの間に乾かしてください。そうすれば、信じられないほどの結果が得られます.

記事>

あなたも好きかも